本文へスキップ

いろどり法律事務所は京都で遺言・遺産分割など相続の法律相談に力を入れている法律事務所です。

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

公正証書遺言とはNEWS&FAQ

遺言相続無料法律相談

遺言者が自分で決めた遺言の内容について、公証役場で正式な遺言書にしてもらう形式の遺言です。

当事務所で遺言の作成を依頼された場合には、まず公正証書遺言を推奨しております。

公正証書遺言は、公証人が、@遺言を作ろうとしている人が本人で間違いないかを確認し、Aその本人が正常な精神状態のもとで自分の意思に基づいて遺言の内容を公証人に述べたことを確認し、B相続財産の分配結果に関して利害関係のない2人以上の証人がその状況を確認するという手続きが行われます。

そのため、後々「遺言が偽造された」とか「遺言をするだけの能力がなかったから無効だ」などという問題が出てきにくいという大きなメリットがあります。   
もっとも、きちんと作成する分、公証役場に支払う手数料も比較的高額です(金額は財産の額によって異なります)。また、それだけの手間と費用をかけるため、心情的に変更をしにくいというデメリットがあります。

公正証書遺言の作成に関し、詳しい情報を知りたい方は、ぜひ、当事務所の無料法律相談をご利用ください。

無料電話相談

文責:京都弁護士会所属弁護士松島達弥

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸
6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331