本文へスキップ

いろどり法律事務所は京都で遺言・遺産分割など相続の法律相談に力を入れている法律事務所です。

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

遺言書を作らない場合に相続はどうなるかNEWS&FAQ

遺言相続無料法律相談

遺言が無い場合、残された財産は「法定相続分によって自動的に分割されるものと、遺産分割が終わるまで共有状態になる財産」に分かれます。

共有状態になる財産は、遺産分割をしなければなりませんが、遺言が無い場合には、「法定相続分」によって分割することになります。

これだけ聞くと「法律が定めた基準で平等に分配されるのであれば問題がないのではないか?」と思ってしまうかもしれません。しかし、問題はそんなに簡単ではありません。 例えば、遺産に不動産が残されている場合、それを誰が取得するのか、取得しない人はいくらもらえるのかという点が大きな紛争に発展してしまうことがあります。また、遺産分割の手続きでは生前の不平等(特別な受益、特別な寄与)を精算する制度があり、それらをどう評価するかで大きな揉め事になってしまうことがあります。

遺言は、こうした「争続」を防止するための効果があります。民法は、あくまでも遺言者の意思を尊重しています。遺言は、法定相続による遺産分割に優先した効力を持っているのです。

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸
6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331