本文へスキップ

いろどり法律事務所は京都で遺言・遺産分割など相続の法律相談に力を入れている法律事務所です。

TEL. 075-744-1330

〒604-8162 京都市中京区七観音町637 
インターワンプレイス烏丸6階

遺言が無効になってしまう場合NEWS&FAQ

遺言相続無料法律相談

遺言には、法定相続という法律上のルールを上回る効果があります。
それだけに、遺言の有効性は慎重に判断されます。
十分な知識なく作成された遺言では、死後、「法律上の効力の認められる遺言」ではなく、遺言書作成者の意思を推し量るための「参考資料」としての意味しかなくなってしまうようなこともあります。
また、遺言の内容が、特定の相続人の遺留分(相続財産のうち、一定の相続人に法律上、必ず残しておかなければならないとされている一定の割合額)を侵害するものになっている場合には、結局その遺留分権者から他の相続人に対し、「遺留分減殺請求」という手続が行われ、「争続」が起こってしまいます。こうした問題をきちんとカバーすためには、弁護士に相談したうえで適切に遺言書を作成する必要があります。
   
無効にならない遺言書の作成や、遺言の有効性に疑問がある場合など、遺言の効力に関して詳しい情報を知りたい方は、ぜひ、当事務所の無料法律相談をご利用ください。

無料電話相談

文責:京都弁護士会所属弁護士松島達弥

バナースペース

いろどり法律事務所

〒604-8162
京都市中京区七観音町637
インターワンプレイス烏丸
6階

TEL 075-744-1330
FAX 075-744-1331